間取りについての情報が満載です!

知って得する間取りの考え方

キッチンの間取りの考え方

キッチンの間取りの考え方 以前はキッチンといえば家の北側や裏側に位置する場所でしたが、最近では明るいリビングに対面したキッチンやこだわりの品をセンスよく配置した見ても美しい台所も増えてきました。
また料理は主婦が作るものという考え方が減り、忙しい主婦に代わって他の家族が作ったり、家族全員で料理を楽しむことも増えてきました。
そうなってくると台所はこれまでのようにただ料理を作るだけの場所ではなく、家族のつながりを強める場所として重要な働きをしてくれる所となりつつあります。
ですからその間取りとしては家族全員が使いやすいようにすることが大切です。
具体的にはたとえば複数の人が同時に作業できるようにスペースを考えたり、道具や食品の収納がわかりやすく使いやすいなどの工夫が必要です。
そして台所は夫婦とも仕事に忙しくあまり料理に時間を使うことができない家庭と、夫や妻が料理を趣味としているような家庭ではその使い方が大きく違ってきます。
自分にあった台所の間取りはまず自分がどのように使っているかを考えてみることから始まります。

収納を考えて間取りを決めることも忘れずに!

収納を考えて間取りを決めることも忘れずに! 注文住宅の間取りを考える場合、部屋のスペースを広くとることが大切と考えている方も多くいます。
しかし部屋のスペースを広くしたいと考えているとき、1つ注意しなければならない点があります。
それが部屋のスペースを広くすると、収納が狭くなってしまう可能性もあるという点です。
間取りで部屋を広くしてクローゼットなどが狭くなったら、収納のために家具を置かなければならない可能性もあります。
設置する家具の数が増えたら、部屋が狭く感じるかもしれません。
部屋が狭く感じることがないように、クローゼットなどのものをしまう場所を最初に広めにするのも1つの手です。
実際にどのような間取りだと広々と使えるのかという点は、荷物の量などの点によっても大きく異なります。
自分の状況をさまざまな視点から考えたうえで、どのような間取りが適しているのか考えていきましょう。
施工例などを参考に、自分にとって暮らしやすい家つくりを検討していくのも必要です。

新着情報

◎2020/9/8

寝室の間取りの考え方
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

間取りの配置方法
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「間取り キッチン」
に関連するツイート
Twitter
Copyright (C) 2020 知って得する間取りの考え方. All Rights Reserved.