間取りの配置方法

知って得する間取りの考え方

間取りの配置方法

間取りの配置方法 家の間取りを考える時に、押さえておきたいポイントがいくつかあります。
まず差し込む光を考慮するという事が大切です。
一般的に間取りを考える場合、東西南北に部屋を配置する事から始める事が多いです。
例えば居間等長時間過ごすような部屋は、1日を通して光が入りやすい場所である南東に配置するというのが基本です。
逆にトイレやお風呂等の水回りは、光があまり入ってこなくても問題ない為、北西の位置で問題ありません。
また風がどのように通るかを考えながら決めるというのもポイントの1つとして挙げられます。
その為には窓をどこに何か所設置するかという事が大切です。
室内に気持ちの良い風を取り入れるには、当然風の通り道がなければなりません。
そこで風が通りやすくなるように、なるべく一直線で結べる対面に窓を設置するという事を心掛けると良いです。
つまり一部屋に直線上で最低2個以上窓を取り付ける事が出来れば、外から風をかなり呼び込みやすくなります。
他にも快適な生活を送るには家電や家具が必要です。
そこで間取りを考える時点の段階で、試用する予定の家電や家具位置も大体で良いので考えておきましょう。
そうする事でコンセントや照明の位置も決めやすくなります。

紹介されている失敗例の間取りを参考に理想の家づくりを

紹介されている失敗例の間取りを参考に理想の家づくりを 理想の家づくりをしたいなら、絶対に失敗したくないのが間取りです。
理想通りの間取りを完成させるためには、ハウスメーカーや工務店で紹介されている家だけではなく、実際に家を建てた人の意見を確認し、成功例と失敗例の間取りを確認して建てることが望ましいといわれています。
特に失敗例を確認し、収納や水回りの位置については使いやすいように配慮して家を建てることが望ましいでしょう。
収納をたくさん作ったからといっても、不要なものをしまい込んでしまうだけでは成功とはいえません。
日常生活で活用できる収納を利用することが良い結果となるため、一見空間を上手に活用すると思われていても、実は全く良い結果につながらないということもあることを失敗例を確認して理解しましょう。
納得できる家づくりを成功させるためには、失敗例を参考に自分たちが成功したと思えるような家づくりをすることです。
住宅展示場やモデルハウスなどを確認することも忘れず、収納の位置や水回りの使い勝手を確認して理想の家づくりを目指してください。

新着情報

◎2020/9/8

寝室の間取りの考え方
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

間取りの配置方法
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「間取り 配置」
に関連するツイート
Twitter
Copyright (C) 2020 知って得する間取りの考え方. All Rights Reserved.